会社を成長させたい経営者の皆さま

成長力診断のススメ

どうすれば企業は成長できるか?

それを知るためには、企業の成長力を調査する必要があります。

成長するチャンスはどこにあるのか?
成長する力はどこにあるのか?
どうすればライバルと差別化できるのか?

企業の成長は、客観的かつ冷静な現状分析から始まります。

一度、詳しい話を聞いてみる

すぐに成果を上げたいのに、調査なんてやってる暇はない!

調査が大事だというと、よく言われる言葉です。

でも、ちょっと待ってください!

あなたが、もし、体調不良で、その原因が分からず、医者に診てもらったとします。

そこで、何も聞かずに、

「この薬が良いですね」とか、

何も見ずに、

「では手術しましょう」

などという医者を信用できますか?

当然、信用できませんよね。

まずは患者の話をきちんと聞き、診察をし、場合によってはきちんと検査をした上で、どうするべきか決めて欲しいですよね。

会社の経営だって同じではないでしょうか。

マーケティングの3C分析で、成長可能性を探る

医師の診断にあたるのが、マーケティング戦略を考える時の基本である3C分析です。

3C分析とは、次の3つの頭文字をとったものです。

  • Customer(市場・顧客)
  • Competitor(競合)
  • Company(自社)

この3C分析で何が分かるのか

まず、今後の成長の原動力となる自社の強みが分かります。

もうすでに分かっていると思われるかもしれませんが、自分たちの強みは、意外に分かりにくいものです。

第三者であるコンサルタントが、客観的に、冷静に、少し厳しい目で見て分析した強みは、本当に強力な武器となるものです。

その強みを伸ばしていけば、ライバルとの有力な差別化ポイントになるはずです。

改善すべきポイントを絞り込める

一方、どんな企業にも、ウィークポイントがあります。

強みばかりの企業はどこにもありません。

強みでカバーしてしまえばいい弱みもありますが、やはり何とか改善していくべき弱点もあります。

では、それはどこか。どうしたら改善できるのか。

早急に改善すべき点、改善すると大きな効果が見込める点、急いで改善しなくてもいい点など、改善点を見つけると同時に、優先順位も明らかにします。

成長力発掘調査では、そのような改善すべき点、改善する方法が明らかになります。

コンサルタントが見れば、問題の真の原因が分かる

どんな企業にも、さまざまな問題があります。簡単に解決するものもありますが、なかなか解決できずに頭痛の種となる問題もありますよね。

そんな問題を解決するためには、なぜ、その問題が起こってしまったのか、本当の原因を探りあてなければなりません

ところが、社内の当事者には、問題との距離が近すぎて、本当の原因がよく見えないことが多いのです。

でも、安心してください。

いろいろな会社で、さまざまな問題を見てきたコンサルタントが見れば、本当の原因がすぐに判明します。

そうすれば、どこに、どんな手を打てば良いのかが明確になります。

マジックのように、あっという間に問題が解決するわけではありませんが、効果的な対策を打つことが可能になるのです。

錨をあげ、ブレーキを外し、アクセルを踏み込む

結局、成長力を調査することによって、

企業の成長をストップさせている「錨」をあげることで、自由に動けるようにします。

そして、社員の活動を無意識のうちに、停滞させている「心のブレーキ」を外します。

そのうえで、成長の原動力となる「アクセル」を踏み込むことで、社員のやる気、活動量も増え、成果につながっていくのです。

やみくもに尻をひっぱたいても、馬は動きません。

上手にやる気を引き出し、活発に走らせるために必要なことが、成長力診断なのです。

成長力診断の進め方

1.まずは、ご相談ください

調査(企業診断)がどんなものかご説明します。

どのように進めていくのか?

どんな内容なのか?

不明な点には、すべてお答えしますのでご安心ください。

話をしたからといって、絶対にやらなければいけないわけではありませんので、お気軽にご相談ください

2.調査(ヒアリング・視察など)

あなたの会社について、いろいろと教えて下さい。

現状の問題・課題、将来の展望など、考えていることをすべてお話しいただけると、分析がしやすくなります。

社長の話をお伺したら、必要に応じて以下のことを行います。

  • 幹部社員ヒアリング
  • 管理者ヒアリング
  • 担当者ヒアリング
  • 現場視察(店舗、工場、オフィスなど)

3.診断結果のご報告

調査内容をレポートにまとめ、ご報告します。

主な内容は以下の通りです。

  • 貴社の強み、現状の課題の分析
  • 成長可能性のある市場、対応できる強みの分析
  • 今後考えられる戦略の方向性
  • 今後の具体的な施策、実行プラン

一度、プロの診断を受けてみませんか?

会社の成長可能性を、プロが診断します。どこの分野に集中すべきか、どんな手を打てば良いのか。

成長するために何をするべきかが、明らかになります。

一度、詳しい話を聞いてみる

担当者のご紹介

私が、成長力診断を担当する小野瀬 真也です。

2000年に中小企業診断士に登録し、コンサルティング会社に転職しました。その会社は、企業に対するコンサルティングだけではなく、業界のリサーチ、人材活用、能力開発に関するリサーチなどリサーチを積極的に行っている会社でした。

私はその会社で、企業診断を適切に行う方法をたたき込まれました。最初の1年間、そのノウハウをマスターするまで、みっちりと、こってりと、徹底的に教えられました。

でも、最初は、あまり企業診断の重要性があまり分かっていませんでした。

どうして、こんなことに力を入れるんだろう?

そう思っていたんです。

ところが、自分がコンサルティングを担当するようになったら、すぐに、その重要性を痛感しました。

きちんと企業診断を行わないと、その企業の実態が分からず、コンサルティングしようがないのです。

企業診断をせずに問題を解決しようとするのは、目隠しをしたまま、勘を頼りにスイカ割りをするようなものです。

あなたは、そんな一か八かの勝負をしたいですか?

それとも、どんな問題があるかを調査し、その原因は何かを分析し、確実に解決できる方法をとりたいですか?

もし、あなたが、確実な方法を選ぶのなら、ぜひ、企業診断のプロにおまかせください。

あなたの会社の強みや弱み、問題の真因や、どこに成長可能性があるかなど、経営を改善するために役立つ情報をご提供します。

成長力診断のメリット

1.他社と差別化できる強みが分かる

成長するためには、強みを伸ばすことが大切です。

強みというのは、ただの得意分野ではなく、ライバルと比較したときに優位に立てるポイントです。

お客さんから見た、魅力的なポイントです。

  • いろいろな強みの中で、何が成長の原動力になるか
  • お客さんに撮って魅力ある点は何か
  • ライバルに圧倒的に差をつけられる点は何か

社内の視点ではなく、客観的な視点から、強みを明確にします

2.やるべきことの優先順位が分かる

調査では、強みだけではなく、問題やその原因も探っていきます。

全社をまんべんなく見渡して、

  • 何が重要か
  • どこから手をつければ良いか
  • どこに手を打つのがもっとも効果的か

を明らかにします。

どこから、どの順番で手をつければ良いかが明確になります。

3.問題の真の原因が分かる

企業には様々な問題があります。なかなか解決せず、ずっと引きずっている問題もありますよね。

そういった問題の原因は、組織の中の、多く深いところにあって、自分自身では分かりにくくなっています

本当の原因が分からないから、なかなか問題が解決しないのです。

そこで、いろいろな企業で問題解決に携わってきたコンサルタントが、問題点を探り、その原因を突き止めます。

真の原因を見つけることで、その問題は解決の方向に向かうでしょう。

調査(企業診断)を体験された方の声

(実施内容は、成長力診断とほぼ同じです)

40歳代 製造業経営者

もともと下請でやってきたため、営業や戦略などを考えずにやっていたのだが、価格競争が厳しく、利益もでないので、どうしたら良いか悩んでいた。

コンサルティングをお願いするにあたり、最初に弊社のことをいろいろ確認してもらったが、そのことによって頭の中が整理され、やるべきことがはっきりしてきた。

そのおかげであれこれと目移りせず、やるべきことに集中できている。

30歳代 サービス業経営者

ここ数年売上も伸び悩んでいて、利益も出なくなってきたので、どうしようかと悩んでいました。

社内でも新しいサービスを始めたり、キャンペーンを工夫したりしていましたが、なかなか効果が出ないので、どうして良いか分からなくなっていました。

小野瀬さんにコンサルとして見てもらって、痛いところを突かれたましたが、私達が気付いていない意外なところを褒めてもらい、元気になりました。

ありがとうございます。

50歳代 サービス業経営者

業績も伸びず、社員の士気も上がらず、何をしたら良いか悩んでいた。社員にははっぱをかけたが、あまり効果もなく、次にどうするか、良いアイデアが浮かばなかった。

コンサルにも相談してみたが、どうもピンとこない提案をされたので、小野瀬さんに話を聞いてみた。

すぐにはアドバイスをくれず、ヒアリングしたいといわれ、正直面倒だと思ったのだが、やってみたら、私が気付いていない点を指摘してもらえてよかったと思う。

次に何をしたら良いかもイメージができるようになった。

一度、プロの診断を受けてみませんか?

まずは、お気軽にご相談ください

会社の成長可能性を、プロが診断します。どこの分野に集中すべきか、どんな手を打てば良いのか。

成長するために何をするべきかが、明らかになります。

一度、詳しい話を聞いてみる

調査にお金をかけて、本当に、元を取れるのか?

調査だけでは、成果にはなりません

調査で元が取れるのか?ストレートに聞かれることがあります。

正直いえば、調査をしただけでは、何も成果はありません。

調査をして、その分析結果から、やるべきことが明確になります。

課題がはっきり見えてきます。

でも、まだ成果とはいえません。

成果になるのは、見えてきたやるべきことを、ホントに実行したあとです。

明確になった課題を解決するために、行動したあとです。

ですから、調査だけでは成果が出るとはいえません。

ただ、もう一ついえることがあります。

 

課題が見えると、人はやる気になる

やるべきことが明確になると、社員たちはやる気になります

行動力がパワーアップします。

その結果、課題が解決し、成果が出るのはよくあることです。

結果が出るかどうかは、あなた次第です。

そのためのチャンスを、あなたは見逃してしまいますか?

よくあるご質問

一度、プロの診断を受けてみませんか?

まずは、お気軽にご相談ください

会社の成長可能性を、プロが診断します。どこの分野に集中すべきか、どんな手を打てば良いのか。

成長するために何をするべきかが、明らかになります。

一度、詳しい話を聞いてみる